紫外線

紫外線とは

紫外線とは地球上に降り注ぐ太陽光の一種ですが、その種類はたくさんあり、詳しく知らない人も多いでしょう。そんな紫外線について今日は勉強していきたいと思います。


紫外線は波長の長さにより3つに分けられます。UVA、UVB、UVCの3種類です。実際に地上に届くのはUVAとUVBの2つです。まずUVAから説明しましょう。UVA、紫外線A波はお肌の真皮に入り込んでしまいます。お肌のハリや弾力を奪ってしまうのです。コラーゲンを破壊したり、結びつきを弱めてシワやたるみを起こすとっても厄介な紫外線です。


またUVB、紫外線B波は肌に炎症を起こす強力なものです。太陽から届く量は10パーセントと少ないですが、肌への作用はとても強く、短時間で赤くなってしまいます。日焼けで黒くなるのもこの紫外線B波の影響です。免疫機能が低下することで、ひどい場合は水膨れになりますので注意しましょう。

 

おもに表皮に影響を与え、表皮細胞のサイクルを狂わせてしまします。その結果表皮のサイクルが早まり、角質を厚くするなど異常につながります。メラノサイトを活性化することで老化をすすめてしまうのです。波長の短いUVBは表皮細胞や、DNAを傷つけるなどとても攻撃的で影響は大きいといえます。

メイク

紫外線は活性酸素を発生させることで肌の免疫力が低下します。さらに肌だけではなく頭皮に長時間の紫外線を浴びると薄毛の原因になります。眼は白内障を引き起こすかもしれません。しっかり、帽子、サングラス、日焼け止めで予防しましょう。


美容だけではなく、健康面でも紫外線は我々の敵なのです。
紫外線は夏に強く、冬場は弱いという関係です。しかし冬場でも二分の一程度はありますので、しっかりと対策をしましょう。

 

また10時から14時が紫外線のピークですが、ほかの時間や曇りの日も侮ってはいけません。さらに雪やアスファルト、砂浜は照り返しがあるので、十分に注意して外出してください。特にレジャーでは十分なケアが必要です。

↑ PAGE TOP